メンテナンス

メンテナンスは、英語の maintenance(動詞 maintainの名詞形)を片仮名転写したもので、メインテナンス、メンテナスとも書かれる。また、メンテと略されることもある。 原語には「生計・扶養」「主張」などの意味もあるが、日本語としては専ら「建築・土木構造物や自動車など機械類の整備・維持・保守・点検・手入れ」等の意味で使われる。 人々が生活のうえで使用しているものは、どんなものでも時間とともに劣化・老朽化し、やがて使用に耐えなくなる運命にある。しかし、メンテナンスによって、欠陥を早期に発見したり寿命を伸ばしたりすることが可能である。大量消費の時代である現在、大量生産から再利用・再使用にむけた動きが活発であるが、それにとどまらず、現存する製品や構造物などの効率化や延命を実現するメンテナンスという技術は欠かすことはできない。 整備事業 整備を行う事業のことを整備事業といい、以下の用法で使用される。 乗り物の整備事業 中日本航空, 全日空, ANAワークス, 全日空整備, 静岡エアコミュータ, 日本飛行機, JALエンジニアリング(JAL航空機整備成田),といった事業者業種は、航空機整備事業(小型航空機等の受託整備事業、航空機機体構造整備事業、整備時に使用する器具の整備事業他)である。その他鉄道車両の整備事業は、鉄道車両#鉄道車両工業を参照。自動車整備事業・指定自動車整備事業は、自動車分解整備事業を参照。 行政制度の整備事業 この節の加筆が望まれています。 関連項目 アフターサービス 現地修理 持込修理 自動車の整備 - 自動車整備士 ソフトウェア保守 カスタマエンジニア 家電製品エンジニア 電気管理技術者 設備管理 建築物管理 長期使用製品安全点検制度 長期使用製品安全表示制度

スマートメンテナンス

NECおよびNECエンジニアリングは、ネットワークを介して保守管理サーバとタブレット端末などを接続し、検査・保守点検業務の効率化や均一化および精度向上を実現する、巡視・保守点検システム「SmartMaintenance(R)(スマートメンテナンス)」の販売を、本日より開始しました。 本システムは、保守管理サーバに蓄積されている管理情報・点検履歴や資料、異常音や動作不良に関する検査ノウハウなどの最新データを、ネットワーク接続したタブレット端末などでリアルタイムに参照できます。 また、点検結果やタブレット端末のカメラで撮影した写真の登録も可能です。 さらに、管理情報を登録したRFタグをRFIDリーダにて読み取ることで誤識別の防止が可能なだけでなく、地図アプリやGPSなどとの連携も可能です。これらにより、施設や設備が広域に存在する業務において、点検対象から離れた場所で巡視・点検を実施したこととする「みなし点検」の防止や、作業レベルの均一化が図れます。 巡視・保守点検システム「SmartMaintenance」の特長は、以下のとおりです。 GPS連携機能により「みなし点検」を防止 タブレット端末に搭載されているGPSを使用し、地図アプリなどと連携させることで、作業者の辿った経路を確認可能。また、本機能に加えRFIDも用いることで、点検対象から離れた場所で巡視・点検を実施したこととする「みなし点検」を防止することができ、点検精度の向上が可能。 タブレット端末とRFIDを活用し「誤識別」や「漏れ」を防止 通常のタッチパネル操作による点検結果入力に加え、管理情報が登録されたRFタグをRFIDリーダにて読み取ることで対象物の管理情報がタブレット端末画面に表示されるため、点検対象の誤識別防止が可能。 また、タブレット端末上で点検進捗状況の確認や未点検項目の抽出ができるため、点検漏れや異常の早期発見が可能。 リアルタイムでの資料・ノウハウ参照や検査結果の登録・共有が可能 カメラ付きタブレット端末内に作業手順書や点検対象の写真・図面をはじめとする資料などを格納することで携行品を削減が可能。 また、Wi-Fi などの無線LANや3Gを利用することにより、リアルタイムでの資料・ノウハウの参照や検査結果・タブレット端末のカメラで撮影した写真の登録など、最新データの共有が可能。これらにより、点検者による判断基準の差を縮小し、作業レベルの均一化を実現。 グローバル対応 日本語・英語をサポートし、作業者や場所などの多様化に対応。 価格は、最小構成で200万円~(税別、注2)であり、3年間で30億円の売り上げを見込んでいます。 また今後、作業遅延時や点検異常時にFAX、メール、音声で保安員に警告・通知する「一斉情報配信機能」(2013年春提供予定)に加え、クラウドサービスへの対応など機能拡充も検討してまいります。 なお、本システムは「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO 2012」(2012年11月8日(木)~9日(金))にて動態展示します。 イメージ図および基本仕様については、以下のURLをご参照ください。 http://www.nec-eng.co.jp/press/index.html 以上 (注1) 地図アプリ GPS連携機能にて使用する地図は、別途ライセンス料が必要となる場合があります。 (注2) 最小構成 GPS連携機能・RFID機能なし 管理サーバ×1、タブレット端末×1、サーバライセンス×1、端末ライセンス×10 (SE費・カスタマイズ費・地図ライセンス使用料などは含みません) ※GPS連携機能およびRFID機能ありの場合は300万円~(SE費・カスタマイズ費を含むため個別見積り)